ワキガにメリットがある?【3つのメリット】について考えてみた

ワキガ

日本人は無臭=清潔と考える人が多いので、基本的にワキガは周りから嫌がられます。

「ワキガは臭い」とか「ワキガのやつ無理」、「スメハラ」なんて言われますが、ワキガのメリットはないのでしょうか。

今回はワキガのメリットを考えてみました。

『ワキガとは?』分かりやすくこちらでご説明しています。

体臭アドバイザー
体臭アドバイザー

「うんうん、なるほど~」と言う感じで読んでくれたら幸いです。ワキガに対する批判は受け付けていません。

この記事は2分ほどで読めます。

ワキガの3つのメリットとは?

犬や猫に好かれる

犬や猫に好かれることがメリットだと感じるかどうかは個人差があるかとは思いますが、ワキガのメリットの1つとして動物に好かれることです。

どうやら犬や猫はワキガの匂いが好きなようですね。

私も中学生のときに友達の家に遊びに行った際に、初めてお邪魔したのですが室内犬のダックスフンドが私にしっぽを振って激しく寄ってきました。

 

他の友達には全然寄り付かず、私だけ。(笑)

 

あの時は「なんで私にだけこんなに寄ってくるのだろう?」と思ったのですが、ワキガの匂いが原因ですね。

ちなみにその後に飼っていたウサギが雄だったのですが、たまに私に対して鼻息を荒くしてお尻をフリフリした感じで寄ってきていました。

犬や猫だけでなく、ウサギにも好かれる可能性がありますね。

ネット上にも同じような経験をした人がたくさんいらっしゃいましたよ。

 

他人からくさいと言われたことはありませんが、飼い猫が私の脱いだ服を狂ったように嗅ぎます(猫はワキガが好きみたいですね)。
引用元:Yahoo!知恵袋

 

犬が私の股間のところに潜り込んできて離れずにとても恥ずかしい思いをしました。

犬や猫が寄ってくることで恥ずかしいという方もいますが、「飼い犬が家族よりも自分のところばかりに来てくれるから嬉しい」との声もありました。

犬の嗅覚はとてもすごいので軽度のワキガの人にも反応してしまうようです。

動物好きにとってはとてつもなく羨ましいワキガのメリットと言えるでしょう。

 

フェロモンの働きがある

アポクリン汗腺から出る汗(ワキガ臭)はフェロモンの役割をしていると言われています。

『ワキガの女性がモテる』というのを耳にしたことはないでしょうか?

実際には『軽度のワキガの人はモテる』というのが正しいと思います。

 

また古代中国で誰もが認める美女と言われていた楊貴妃は文献によると、どうやらワキガではないのかという一説もあります。

体臭アドバイザー
体臭アドバイザー

楊貴妃は香ばしいニオイがしていたみたいね。

ワキガとフェロモンの関係ははっきりとは分かりませんが、「ワキガなのに結構モテるのはなぜ?」と自分でも疑問に思っている人もいらっしゃいます。

私も病院では中程度~重度のワキガと診断されて今はボトックス注射とワキガクリームで匂いを抑えていますが、今まで彼氏も数人いましたし結婚もしています。

まだ若かったころはボトックス注射などは打っていなかったので、私がワキガと言うのは当時の彼氏にバレバレだったのですが私の匂いが「落ち着く」と言っていました。

 

部屋中に充満するほどにワキガの匂いは無理!という人が多いようですが、くっついたらワキガと分かるくらいならモテるという人も多いみたいですね。

ワキガのメリットとまでは言えるかは疑問ですが、ワキガの匂いが好きという人も中にはいらっしゃいます。

 

ワキガの匂いを気にすることで健康に近づく

ワキガのメリットとしてしっかりと対策をしている人は

  • 脂っこいものを控える
  • お肉類を控える
  • 甘いものは食べ過ぎない
  • アルカリ性の食べ物を積極的に食べる
  • 腸内環境を整える
  • 適度な運動を取り入れる

など健康に良いことばかりなんですよね。

日常の生活の中でできるワキガの対策をしていれば、ダイエットや健康にもばっちり。

また太るとワキガの匂いが酷くなることを分かっているので、ワキガの対策をしている人は自己管理ができています。

ワキガの匂いを気にしていなかったら私も半身浴をしたり、普段の食べ物を気を付けたりしていないので自分自身で変化は分からなくても体の内部には必ず現れているんです。

 

ワキガのメリット|まとめ

ワキガのメリットは、

  • 犬や猫に好かれる(もしかしたらウサギにも)
  • フェロモンの役割をしている
  • 知らず知らずのうちに健康的な生活になっている

ワキガと言えばデメリットばかりなイメージがありますが、このように少なからずメリット存在します。

ワキガ体質に産まれてきたことには変わりなはいので、メリットを探したりできるだけマイナスにならないように自己コントロールしながら付き合っていきたいですね。

 

こちらの記事もおすすめ

 

この記事が良かったよ~という方はランキングにご協力いただけるとブログ運用の励みになります。

腋臭症ランキング
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました