卵の食べ過ぎで体臭がひどくなるのはホント?2つ原因と回避する方法

体臭

卵の食べ過ぎで体臭が臭くなってしまうというのは、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

また自分自身で卵をたくさん食べるとおならが臭くなると実感している人もいるかと思います。

先日ツイッターでこのようなメッセージをいただきました。

わたしはワキガと言うわけではありませんが、体臭について少し気になっているので相談させてください。昔から卵が好きだったのですが、最近特に大好きでひどい時では18個以上食べてしまう日もあります。普段でも5個以上は食べます。そんな生活を1ヶ月半ほど続けていたのですが、大学の友達に「最近匂いが変わった?ちょっと変な匂いがするよ」と言われました。生活の変化といえば卵の量が増えたくらい。しかもおならも尋常なくらい臭いのです。体臭は自分では自覚はありません。なぜ卵をたくさん食べると体臭に影響が出るのでしょうか?

このような相談内容でした。

 

実際に卵を食べすぎると体臭に影響が出てしまうこともあるのです。

では、なぜ卵を食べ過ぎると体臭が臭くなってしまうのでしょうか。

 

今回は体臭がひどくなってしまう理由と回避法をご紹介します。

この記事は2分で読めます。

卵は食べ過ぎると体臭が臭くなってしまうの?

卵を食べ過ぎることで体臭が臭くなる原因

 卵の食べ過ぎで体臭やおならが臭くなってしまう原因は2つあるので、それぞれ説明していきます。

①卵に含まれる硫黄成分によるもの

 卵にはもともと『硫黄成分』が含まれています。自宅でゆで卵を作ったときなど、少し臭くないでしょうか?

あの匂いも実は硫黄成分によるものなんです。

また小学校の理科の授業などで硫黄の匂いを卵の腐った臭いと表現することもありますよね。

 

卵に含まれている硫黄成分は体内に入って消化されるときに、アンモニアの物質を作り出してしまいます。

そのため、普段よりも汗が臭かったり、特におならの匂いには本当に気づきやすいかと思います。

 

②コリン不耐性によるもの

 卵をたくさん食べるわけではないけれど、卵を食べると体臭が臭くなるという方はコリン不耐性の可能性があります。

 コリンとはビタミンの一種で卵にも含まれている成分のことです。コリンは、体内に入るとトリメチルアミンという体臭の原因物質に変わります。

 

そのためコリン不耐性の人がコリンが含まれる食材を食べると『魚の腐ったような体臭』を放ってしまうのです。

 

卵の他にも乳製品や大豆などでもコリンが含まれているためコリン不耐性の人は臭くなってしまいます。

 

体臭に影響しないように卵を食べるにはどうすればいい?

 卵の食べ過ぎで発生してしまう体臭を防ぐためには、できれば卵は13個程度に抑えておくことがオススメです。

 

また普段から腸内環境を整えておくことで、もし卵を食べすぎてしまったような場合でも、体臭がひどくなるのを抑えることができます。

今は様々な種類の乳酸菌飲料やヨーグルト、サプリでも簡単に乳酸菌を摂取できるようになっているので日頃から意識することが大切です。

また腸の善玉菌のエサとなるオリゴ糖もオススメなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

体臭アドバイザー
体臭アドバイザー

腸内環境を整えておくと体臭だけでなく、美肌効果や健康面でも良いことだらけなので私は普段から毎日納豆を食べるようにしています。

 

 
この記事が良かったよ~という方はランキングにご協力いただけるとブログ運用の励みになります。

腋臭症ランキング
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました